シャダンネオの特長

水性1液反応硬化形シリコン系断熱塗料

冬は熱移動を最小限に抑えることで外部の冷気をさえぎり室内の熱を逃がさない。

夏は太陽熱を屈折させ反射させることで建物の温度上昇を抑制。

耐候性に優れ紫外線や雨水などから長期にわたり建物を守り続ける。

微小中空セラミックバルーンのセラミックが音を反射し中空部で音を吸収軽減。

水性なので臭いが少なく人と環境にやさしい。

宇宙での耐熱技術を応用して開発した断熱・遮熱塗料「シャダンネオ」。

夏は涼しく冬は暖かい、快適な生活環境を実現。

微小中空セラミックバルーンと熱反射機能顔料の併用で、優れた断熱・遮熱性と耐候性を実現した

人と環境にやさしい画期的な省エネ塗料です。

シャダンネオは熱の移動を抑える

シャダンネオと一般塗料を塗布したプラスチック容器にそれぞれお湯を入れ、5分後にサーモグラフィーで測定した結果、シャダンネオを塗布したほうは容器表面に熱が移動していないことが分かります。

〈微小中空セラミックバルーン〉

2種類の微小中空セラミックバルーン配合

シャダンネオに使われている微小中空セラミックバルーンは宇宙ロケットの耐熱技術を応用して開発された中空セラミック球体です。中空状態で熱エネルギー伝導は行われないため効果的な断熱・遮熱性能を発揮します。

微小中空セラミックバルーン

断熱実験

微小中空セラミックバルーンが入ったビンを振ると羽毛のように軽く舞い上がります。

断熱性能と遮熱性能

シャダンネオの断熱性能は冷暖房時の室内空気を外へ逃がさず効率よく循環させることで節電へと繋げます。また、遮熱性能は太陽光を屈折させ反射し散逸させることで建物の表面温度上昇を抑制します。

省エネ促進と環境への配慮

微小中空セラミックバルーンと熱反射機能顔料により建物の表面温度上昇を抑制する性能は、都市部のヒートアイランド対策としても効果を発揮することが期待されています。

冷暖房効率がアップすることで節電に繋がり理想的な省エネ促進を実現します。

ヒートアイランドとは?

気温分布を描いたときに等温線が都市を中心にして閉じ、ちょうど都市部が周辺から浮いた島のように見えることに由来します。年間を通じて生じている現象ですが、特に夏の気温上昇が都市生活の快適性を低下させるとして問題となっています。主な原因としては①建物や工場、自動車などの排熱②緑地の減少とアスファルトやコンクリート面などの拡大③密集した建物による風通しの阻害や天空率低下などの3つが挙げられます。

屋根への塗布で断熱・遮熱効果

シャダンネオに含まれる微小中空セラミッックバルーンが太陽光の近赤外領域を効率的に反射し、屋根の温度上昇を防ぐことにより夏の冷房効率を高めます。

外壁への塗布で断熱・保温効果

シャダンネオを塗布した外壁の塗膜表面温度と外気温度が適応し、熱移動を最小限に抑えることで外気温度の影響を受けにくくし冷暖房効率を高めます。

室内への塗布で断熱・保温効果と結露抑制

内装塗装の仕上げ材として使えるシャダンネオは、室内から室外への熱移動を抑えることで冷暖房効率を高め、結露の発生を抑える効果も期待されています。

シャダンネオによる省エネ促進例

太陽光に対する優れた遮熱性

シャダンネオと一般塗料を塗布した塗り板の裏面温度とボックス内部温度を測定しました。その結果、塗り板の裏面温度はシャダンネオの65℃に対し一般塗料は80℃。ボックス内部温度はシャダンネオの50℃に対し一般塗料は60℃というシャダンネオの優れた遮熱性能が認められました。

熱に変換されやすい近赤外領域において高い反射率を実現

シャダンネオに含まれる微小中空セラミックバルーンと熱反射顔料は、建物の表面温度上昇の原因となる近赤外領域波長を効果的に反射して蓄熱を防ぎます。

シャダンネオ+ケイセラチタンクールとシャダンネオを塗布した塗り板の裏面温度とボックス内部温度を測定しました。その結果、塗り板の裏面温度はシャダンネオ+ケイセラチタンクールの59℃に対しシャダンネオは65℃。ボックス内部温度はシャダンネオ+ケイセラチタンクールの47℃に対しシャダンネオは50℃。シャダンネオ+ケイセラチタンクールのより高い遮熱性能が認められました。

プレマテックス株式会社

〒140-0014 東京都品川区大井4-4-2 オフィスビル大井MAX-1 9F TEL.03-5728-9221  FAX.03-5728-9223

Copyright © PREMATEX, Inc. All Rights Reserved.